HOME>記事一覧>健康的な住まいを考えた住宅の利用価値がアップ

夏と冬での住まい方

購入にしても建てるにしても、堺という土地を知った上で物件探しをしましょう。色んなコンセプトの注文住宅がありますが、夏と冬で気候はガラッと様変わりしますから、衣替えのできる家というものがあることを知りましょう。設備機器に頼らない建築的手法を活用した内容で、パッシブソーラーという仕組みです。太陽熱を蓄え、夜間など冷えた時に放熱させる注文住宅であれば、結露や湿気などによる建物の健康被害も少なく、住まう人の健康まで考えることができます。特に、気温差による健康のトラブルが比較的多くなるお年寄りとの住まいに活用できます。

コンセプトを立てる

堺で注文住宅を建てるならば、どんな住まいにしたいのか、というコンセプトで建てることができます。そのために工務店やデザイン設計事務所などの専門職人が携わってくれます。また、そのコンセプトのための手法も、設備機器に頼る前に、設計や工法、素材など建築的工夫で行うことができます。一方、中古となる文住宅を購入するならば、そうしたコンセプトで建てられた家を購入することになるで、不動産会社には『健康を考えた住まいを探している』というようにコンセプトを伝える方が適した物件を探し出すことができます。

広告募集中